仲居辞めて帰ってきたよ

伊豆稲取で仲居をしていた真純が、鹿沼に帰ってきた!

河津来宮神社



昔、川津の郷に杉桙別命(すぎほこわけのみこと)という、大変武勇に優れた神様がおられました。お顔はきついが心はとても優しい神様でした。
ある日、命(みこと)がお酒に酔って野原の石によりかかり気持ちよく眠っていると、いつのまにか燃えさかってきた野火が、すっかりあたりを取りまいてしまいました。
その時でした。空が急に暗くなり、ポツリポツリと大粒の雨が降ってきました。暗くなったのは、何千、何万という鳥で空がいっぱいだったからです。その鳥が、河津川に飛び込んでは命(みこと)の上に飛んできてはばたき、雨のように水を落とし火を防いでいたのです。危うく命が助かった命(みこと)は、鳥たちに礼を言うと、鳥たちも安心したようにそれぞれの山へ帰っていきました。
命(みこと)は鳥たちに手を振り、別れを惜しみながら考えました。
「お酒が大好きで、飲みだすと酔いつぶれるまで飲んでしまう。平和な村なのでつい気をゆるめすぎた。これからは、お酒を飲むのをつつしみ、村人の幸せのために心を入れかえ、がんばろう。」
それからあとは、大好きだったお酒もつつしんで、村の平和のために力を尽くしました。河津は、ますます平和な郷になったということです。
今でも河津町の人たちは、神様の心を忘れないように、毎年12月18日から6日の間、お酒を飲まない、鳥を食べない、卵も食べない、という「鳥精進・酒精進」を守っています。もしも、これを破ると、火の災いにあうと信じています。




河津町役場ホームページからの引用です(^-^)



こういうお話を読むの好きです(^-^)


神社やお寺のことを知ってから参拝に行くと少し違った気分になります(^-^)



f:id:ocai_mrk21:20160127055445j:image


味があって素晴らしいです(^-^)





f:id:ocai_mrk21:20160127055648j:image
f:id:ocai_mrk21:20160127055701j:image



河津駅前にいた鯉(^-^)
スーパーの金目(^-^)
煮付け食べたい……(^-^)








f:id:ocai_mrk21:20160127060157j:image